まるまるだいの”メモ日記”

精神障がい、介護、趣味(素人ガンプラ成長日記、DIY、クッキング)

【出産】嫁が女の子を出産。しかし、男とは本当に不甲斐ないものですね。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!
まるまるだいです。

以前にもご報告しました彼女のとの結婚&妊娠について報告があります。
www.marumarudai.com
www.marumarudai.com

2019年12月20日午前9時31分
女の子が産まれました。

体重は2,346グラム

少し小さめの女の子。

そしてその時に思う男の気持ちをまとめてみたいと思います。

陣痛が来ても男は何もできない。

まず、第一に思ったことがこれです。痛がって苦しんでいても・・・「がんばれ」とも言いづらい。頑張っているのはよくわかっている。
私にできたことは手を握ってあげることでした。

背中をさすったり、腰を押したり。少しはマシになるんおかと思いましたが。。。
そんなことはただの気紛らわし。

男は何もすることはできません。

ただ苦しんでいる嫁を見て励ますことしかできません。

本当に何もできないというのはとてもつらいことです。

ここでは正直に書きますが。。。その時に嫁と子供を選ぶとすれば、間違いなく嫁を選んでいたでしょう。

今ではどちらも大切です!

もう苦しむ嫁を見たくありませんでした。。

女性とは本当にすごいと思った。

苦しい思いをして、子供を産む姿というのは本当にすごいと思いました。

女性は本当に強いと思いました。

よく言います。「お腹を裂いてもいいから早く子供を出して」そんなことをよく言うと言いますが。嫁も同じようなことを言っていました。

それでも、耐えて、耐えて・・・子供を産む姿は本当に強い・・・すごいと思いました。

感動した

私はここ何年と涙を流していませんでした。(殺せんせー見て泣いて以来2年)
母親を亡くしても涙を流すことはなかったのですが。。。

感動してしまいました。

私は離婚を一度経験しております。私としてはこれで3人目の子供になるのですが・・

最初の二人は帝王切開にて出産。色々はありましたが、特に感動することはありませんでした。子供はもちろん大切ですが。

しかし、今回は通常の出産ということで初めてのことが多かった。

嫁は私の部下でもありました。色々子供みたいなところもあり、自分の妹としても見れる存在でした。

そんな子が苦しんで、子供を産む。
そんな姿に本当に感動してしまいました。

普通分娩というものは素晴らしい。

女性には失礼な発言かもしれません。しかし、命の誕生。大切な嫁が苦しんでいる姿を見て出産と言うのは苦しくもあり、感動があります。

その時は痛みに耐えられず、二度と子供なんて作るか!なんて思ったりもしたでしょう。
実際、私も嫁の苦しい姿を見て、もうこんな思いはさせたくないと思いました。

しかし、産んでみると・・・こんな感動することはありません。

普通分娩したくてもできない方もみえると思います。それを否定しているわけではありません。

もし、不安や痛みが怖くて帝王切開など考えている人がいるならば、それを乗り越えましょう。

本当に感動いたします。

まとめ

しかし、男とは本当に何もできない存在なのだと思いました。。

ダメだなぁ・・・男って・・・
すげぇなぁ・・・女って・・・

本当にこの言葉が率直な意見です。

もし、男性がこれを見ているならば、出産は是非立ち合いましょう。
苦しい姿を見たくない。それも共有してください。
手をつないであげてください。

男はそばにいることしかできません。

でも、それができるのならば、それだけでもしてあげましょう。

産まれたときの感動は本当にはかりしれません。

生まれた子供

令和元年12月20日 9時31分
体重2,346グラム
身長 41センチ
名前:藍(らん)

f:id:marumarudai:20191226233047j:plain